LEVEL5

MENU

今すぐダウンロード!
Apple Storeからダウンロード
Google Playで手に入れよう

GUIDE 冒険の書

マップ

「オトメ勇者」を楽しむための4つのポイント

アイコンをクリックすると各国のあらすじが表示されます。

グランロット王国

レジェンドラ帝国

イヅルノ王国

港街ラクリモッサ

バルシオン王国

霧の里ステラミーラ

トリニヴォール城

CHAPTER1 グランロット王国

勇者に選ばれたあなたの前に現れたのは、
24人の個性豊かなスレイヤーたち。
勇者と魔王に挑めるスレイヤーはたった一人。
最強のスレイヤーを決めるレース
「ロードオブグローリー」が幕を開ける。

CHAPTER2 レジェンドラ帝国

キンカローの言葉をきっかけに、
自身の力不足を感じた勇者。
必死に剣の特訓をする彼女に
心動かされるスレイヤーたちだが…?!

CHAPTER3 イヅルノ王国

スレイヤーたちの力を引き出せない
ことに頭を悩ませていた勇者。
その時、道を開いたのはある人物の助言だった。

CHAPTER4 港街ラクリモッサ

各国の王様たちが集まるサミットの日…
街は魔物の襲撃を受けてしまう。
スレイヤー、各国の戦士たちの心をひとつに
勇者は魔物に立ち向かう!

CHAPTER5 バルシオン王国

魔物の能力で幻覚の世界に囚われ、
己の過去と対峙するスレイヤーたち。
一方で、彼らを救出しようとする
勇者の身にはある異変が…?!

CHAPTER6 霧の里ステラミーラ

先の戦いで力を使いすぎた
勇者に命の危険が迫る。
「命の妙薬」を手に入れるため
エルフの里を訪れたが、
一筋縄ではいかない様子で…?

CHAPTER7 トリニヴォール城

いよいよ魔王との決戦の刻。
戦いの結末、そして勇者が
最後に選んだスレイヤーとは…!

POINT1 | 楽々プレイも大きな魅力!

「時間がない」「戦闘は苦手」…そんな勇者さんのお悩みも解決!

01

スキップチケット レース画面から準備しよう!
一度クリアしたレースで戦闘をスキップして
クリア報酬をゲット!
オートプレイ レース中はいつでもオートプレイに切り替え可能!
レース中はいつでもオートプレイに
切り替え可能!

POINT2 | レースに苦戦した時は…? パーティを強くする秘訣

スピリットの強化以外にもこんな要素があります!

02

武器/防具の作成・強化

  • 工房画面
  • 武器作成画面
スレイヤーは武器や防具を装備することでステータスがグンと上昇します。装備は「工房」で作成・強化ができるほかアイテム召喚でも入手可能!
他の勇者に差をつけちゃいましょう♪

天惺獣を育てて装備!

  • 天惺獣詳細画面
  • 天惺獣召喚画面

育てた天惺獣はバトルで召喚!

天惺獣

勇者はスレイヤーと「天惺獣」を育成することができます。
天惺獣は、ふれあうことでレベルアップ!
ふれあい方や与えるゴハンによって個性が変化して様々な姿に進化します♪

POINT3 | 24人全員の個別ルートで恋愛要素も充実♪

個別ルートではスレイヤーとの特別なエピソードが楽しめます。カレの秘密が明らかになることも…?

03

プライベートエピソード

ミッション画面
スレイヤー個別のミッション
「王の試練」をクリアする中で開放

絆のエピソード

覚醒画面
スピリットを覚醒させると開放

魂のエピソード

限界突破画面「魂の祝杯を集めて限界突破もできるよ!」
スピリットを限界突破させると開放
カレ目線のエピソード
あなたの行動でカレの心に変化が…?! 「心の天秤」 光ルート・影ルート プレゼント画面
スレイヤーたちは、あなたのレース中の行動や贈るプレゼントの内容で心の天秤が変動します。
魔王討伐へ足を進める中、天秤の傾きによってプライベートエピソードが分岐します。
あなた好みにスレイヤーを導いてあげましょう。

POINT4 | 『オトメ勇者』ならではのトキメキ

甘い時間と、時に訪れる試練がカレとの絆を深めます。

04

スレイヤーの部屋で過ごす甘いひと時 スキンシップモード

親密度が深まるのはもちろん、
普段見られないカレの様々な表情を見ることができます♪
スキンシップが成功するとスレイヤーの「パンツ」がもらえることも。
戦いに疲れた時は、カレの部屋を訪れてみましょう。

スレイヤーとの真の絆を試す時―! ジャッジメント戦

冒険を進めていくと稀に、絆を試す存在『ジャッジメント』との戦いが発生します。
戦いに挑めるのは勇者と、あなたが信じるスレイヤーの二人だけ。
これまで築いてきた絆を信じ、ジャッジメントに立ち向かいましょう。
スレイヤーの新たな姿が手に入ることも…?

ジャッジメント戦は、「ジャッジメントの羽」を10枚集めることで
挑むこともできるよ!